2019年12月15日日曜日

ナポリの物語 第四巻『失われた女の子』12/19日発売です!

お待たせいたしました。『ナポリの物語』全四巻、ようやく完結です。
いちおう当初の計画通りですが、三年近く、お待たせしてしまいました。

僕は海外にいるため、通常であれば発売日よりも先に出版社より訳者の手元に届く「完本」(業界用語でしょうか「完成本」の略と思われます)をまだ手にしていません(12月15日現在)。ですが、先日ネットで流れ出したカバー写真を見てにやにやしております。ついでに某所より拝借した1巻〜4巻のカバー写真をひとつにつなげて、屏風状にしてみました。

クリックで大きくなります
いいですねえ。イラストはすべて高橋将貴(たかはし・まさき)さん、装丁は1〜2巻が仁木順平(にき・じゅんぺい)さん、3〜4巻は早川書房デザイン室です。ありがとうございました。

なんだか話題だけど、全巻で揃ってから読み始めよう、そう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。時は今です。長い物語です、年末年始に是非。

19日(火)の発売開始後、あとがきもこちらで公開します。

これまでの状況を見るに、たぶん今度も初版はそんなに部数が出ないと思いますので、4巻をすぐに読まれたい方は今からご予約がお勧めです。よろしくお願いいたします!

【読書メーター】第1巻『リラとわたし』に寄せられた皆様のご感想
【早川書房 note】「いつかの自分をみているよう」世界中の女性の共感をよぶナポリ発人気作『リラとわたし ナポリの物語1』とは?訳者あとがきを公開。
【早川書房 note】日経新聞、朝日新聞にて紹介! ひりひりする嫉妬まじりの憧れと友情。世界中の女性が夢中になっている『リラとわたし ナポリの物語1』公開vol.1

最近は